FUN OF LIFE

2019-09-04

アデコへの転職活動前に必見!人材領域に強い転職エージェントによるまとめ

アデコはグローバルに事業を展開する企業で、世界最大規模を誇る人材サービスを提供しています。

日本では「Spring転職エージェント」というサービス名で人材紹介事業を行っています。

この記事では、人材領域に強い転職エージェントである弊社が、アデコへの転職活動を始める前に最低限知っておいて頂きたい知識や情報をまとめています。

最後まで読んでいただくと、企業の概要や、転職活動・中途採用で重要なことを理解することができる内容になっています。

さらに、弊社にご相談頂ければ、サポートを通じて転職活動の成功可能性を高めることも可能です。

早わかり!アデコの特徴と転職活動で知っておきたいこと

アデコの特徴

  • 1985年にアディアジャパンとして設立、2004年にアデコに社名変更。2015年に30周年を迎えた
  • アデコグループとしては1957年、スイスで前身となるAdiaが設立
  • 事業は人財派遣など、顧客の人材ニーズに応える様々なサービスの提供

アデコへの転職活動の前に知っておきたいこと

  • 社員数は3,000名
  • 企業理念への理解、結果、主体性が求められる

アデコに関する基礎知識

会社概要

名称 アデコ株式会社
設立 1985年7月29日
所在地 東京都千代田区霞が関3-7-1 霞が関東急ビル
資本金 55億6,000万円
代表取締役社長 川崎 健一郎
事業内容 人財派遣など、人材ニーズに応える様々なサービスの提供

アデコ株式会社は、60を超える国と地域で事業を展開するAdecco Groupの一員です。

この記事では、日本においてサービスを提供している「アデコ株式会社」をおもに対象としています。

参考:アデコ株式会社コーポレートサイト

コアバリュー

アデコグループのコアバリューは、「Customer Centricity(顧客中心主義)、Passion(情熱)、Entrepreneurship(起業家精神)、Responsibility(責任)、Team Spirit(相互協力)」を大切にするというものです。

顧客・アデコで働く社員・国、事業を越えたすべてのステークフォルダーからの信頼を得られるよう日々努力し続けるという思いが込められています。

ビジョン

アデコグループのビジョンは「キャリア開発があたりまえの世の中をつくる。」です。

これには、人材サービスの原点に立ち戻り、新しいキャリア開発のあり方をつくっていこうという意思が込められています。

参考:「ビジョン・コアバリュー

事業内容

アデコの事業内容と提供するサービスは、

  1. 人材派遣・アウトソーシング・HRソリューション:「Adecco
  2. 人材紹介:「Spring転職エージェント」「Spring就活エージェント」「Spring Executive
  3. エンジニア派遣、コンサルティングサービス:「modis」「VSN
  4. 再就職支援サービス:「Lee Hecht Harrison
  5. MSP・PROサービス、人事アウトソーシング:「PONTOON

の大きく5つに分類されています。

代表的なサービスは「Adecco」と「Spring転職エージェント」です。

「Adecco」は、ハイブリッド型の総合人材サービスとして、あらゆる雇用形態・業種・職種に展開されています。

「Spring転職エージェント」は、世界24か国に92オフィスを構え、合計1,224名のコンサルタントを持つ人材紹介サービスブランドです。

  • ITエンジニア・クリエイティブ
  • 経営層・経理・財務・法務
  • 人事・総務
  • 営業・マーケティング
  • バイオ・製薬・化学・医療機器
  • EMCエンジニア・建設不動産

の6つの職種専門部門があり、業務の専門性を知るコンサルタントが求職者・企業にベストな提案を行っています。

業績

アデコグループ 2018年第4四半期、2018年度通期決算発表」によると、売上高は3,989.9億円(3億4,100万ユーロを1ユーロ=117.01円で換算)でした。

人材紹介事業とプロフェッショナル・スタッフィングが好調に成長し、前年同期比+6%となりました。

より詳細を知りたい方は、アデコグループの決算発表をご覧ください。

中途採用募集が行われている求人のポジション

人財紹介コンサルタント

人財紹介コンサルタントのポジションが募集されています。

仕事内容は、企業に対する受注活動や人材の推薦、人材に対する求職者のスカウトやキャリアカウンセリングなどを行います。

人材派遣のコンサルタントの場合は、登録されている派遣社員に仕事を紹介し、企業とのマッチングを行うポジションです。

働く環境

社風

結果主義

外資系らしいと思う方もいらっしゃるかと思いますが、アデコでは結果を出すことが最も評価されます。

例えば人材紹介コンサルタントの場合、インセンティブとして給与面に反映されていきます。

インセンティブは3か月に1回、年4回支給されますが、中には1回のインセンティブで100万円を超える社員の方もいるようです。

自ら考え行動ができる社員が多い

そのため、働き方は個人の裁量にゆだねられており、

  • リモートワーク制度
  • フルフレックス制度

などを活用した柔軟な働き方が認められています。

互いを尊重する風土

年齢や役職に関わらず積極的に意見を交換し、ビジョンの実現に向けて、社員それぞれが主体的に取り組んでいます。

取り組みが認められ、Great Place to Work 2016「グローバル企業における『働きがいのある会社』」でアデコグループは世界で7位となっています。

休日

年間休日は125日、土日祝日休みです。

勤務時間(残業時間など)

原則、9:00~17:30の実働 7時間30分とされています。

残業時間は時期などにより異なりますが、人材紹介コンサルタントの場合20~40時間となっています。

中途採用の選考スケジュール

アデコの中途採用の選考スケジュールは以下で行われるようです。

  1. 書類選考
  2. 一次面接
  3. 筆記試験
  4. 二次面接

なお、スケジュールは募集職種などによって異なる場合があります。

書類選考対策

転職活動の最初のステップは、書類選考です。

書類選考を通過しなければ、その後の面接の機会を得ることはできません。

しかし、書類は通過後に行われる面接でも活用されるため、ただ通過することを目指すのでなく、より良い書類を作りましょう。

書類作成時の注意点は以下の3つです。

  1. 歓迎要件に当てはまる要素をアピールする
  2. 過去の実績をできるだけ具体的に記載する(数字や規模感がわかるようにする)
  3. 面接の際に深堀りしてほしい内容を記載する(不要な情報は入れない)

履歴書や職務経歴書の内容に自信がない方は、転職エージェントで添削してもらうとよいでしょう。

客観的な意見をもらうことで、アピールポイントをブラッシュアップすることができます。

面接対策

面接で聞かれやすい質問

  • 経歴
  • 現職の仕事内容
  • 転職理由
  • 志望理由
  • なぜ人材系を志望するのか
  • なぜ同業他社ではなくアデコを選んだのか

など、中途採用の面接ではよく聞かれる質問が中心です。

同業他社のサービスとの違いを確認した上、「なぜ他社ではだめなのか」「アデコのどの部分を魅力に感じているのか」を深堀しておきましょう。

また、面接は比較的フランクな、面談に近いような雰囲気で行われることが多いようです。

業界知識・トレンド

最近の人材業界に関するトピックとしては、以下のようなものがあります。

  • 生産年齢人口の減少
  • 働き方改革の広がり
  • 労働基準法の改訂
  • 採用の多様化
  • テクノロジーの活用(HR-Tech) など

あまりにも知識や自分の意見がないと、人材業界への関心が少ないと思われてしまう可能性があります。

自身の関心のある分野や、興味のある職種に関連するようなトピックスは事前に把握しておきましょう。

転職活動で転職エージェントを利用すべき最大の理由

転職を考えたらまずは転職エージェントを利用することをおすすめしています。

  1. 転職エージェントしか保有していない求人があるから
  2. 無料で書類や選考対策が出来るから
  3. 効率的な転職活動が可能
  4. 条件交渉がしやすい

転職エージェントの利用には、上記のようなメリットがありますが、転職エージェントしか保有していない非公開求人があるというのが最大のメリットです。

中途採用の求人は、企業によっては、特定の転職エージェントにしか依頼をだしていなかったり、一般には公開せずに転職エージェントにのみ、求人の情報を公開していることがあります。

そうした求人は、個人で転職活動をする限り見つけられません。非公開求人に応募するには、転職エージェントを活用するしかないのです。

他にも、選考対策によって通過率が向上したり、日程調整や各企業とのコミュニケーションを代行してもらえる、年収やその他の条件などの交渉がしやすいといった点はメリットですが、最大のメリットは「転職エージェントしか保有していない求人がある」ことです。

大手2社+専門性の高いエージェント1社を利用するのがおすすめ

先程、転職エージェントの最大のメリットは非公開求人にあると説明しました。

一般的に非公開の求人を多く保有しているのは、大手の転職エージェントです。

一方で、特定の領域に特化した転職エージェントは求人数は大手ほどではありません。しかし、強みとしている領域の企業の非公開求人や情報を豊富に保有しています。

そのため、転職エージェントは、大手の転職エージェントを2~3社、自分に関心のある特定領域に強い転職エージェントを1社利用するのがよいでしょう。

大手の転職エージェントで紹介される求人で、転職市場全体の相場観を理解し、特定領域のエージェントで興味のある分野の詳細を聞いていくのがおすすめです。

大手の転職エージェントの複数利用をおすすめしているのは、担当者との相性が理由です。

転職エージェントとは一定期間、密なやり取りをすることになるので、相性の良い方・信頼出来る方を選びましょう。

そのためにも複数の転職エージェントを活用し、信頼出来る方を選ぶべきです。

続いて、おすすめ出来る大手の転職エージェントと、専門・特化型エージェントを紹介します。

おすすめの大手転職エージェント

大手の転職エージェントは広告も積極的に行っており、ご存知のサービスも多いかもしれません。

こうした大手の転職エージェントは多くの求人数を保有しており、様々なタイプの方に対応が可能です。どんな方にもおすすめできる転職エージェントといえるでしょう。

などがあります。

おすすめの専門・特化型転職エージェント

専門や特化型転職エージェントは、CMなどのマスプロモーションは行わないため、一般的には知名度が高くありません。

しかし、専門の領域では大手を超える実績や情報をもっていることもあります。

  • 採用背景の解説
  • 求人内容の詳細説明
  • 書類選考対策
  • 面接対策

専門特化型の転職エージェントは上記のような、転職活動のサポートもじっくり行う傾向があります。

丁寧なサポートをしてほしい、興味・関心がある程度定まっている方は積極的に活用すべきです。

などがあります。上記のような領域に興味・関心があるかたは、こうした転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントの相談は無料?その理由と仕組みは?(転職エージェントについて知りたい方向けの内容です)

関連キーワード

関連記事