FUN OF LIFE

2019-03-17

TISの企業研究!事業内容や平均年収、従業員数は?

TISのホームページトップ

この記事は、TISについての情報をまとめています。沿革や事業内容、株主、今後の事業展開、従業員数、平均年収、平均年齢等を記載しています。TISのIRの数字をもとに作成しています。

TISの沿革

1971年に、東洋情報システムとして設立、ソフトウェア開発サービスを開始しました。

1987年に大阪証券取引所第二部に、1990年に東京証券取引所第二部に上場し、1991年に東京証券所及び大阪証券取引所第一部に指定替えを行いました。

2001年に、社名をTIS株式会社に変更しました。

2008年に、インテックホールディングスと共同持株会社ITホールディングスを設立しました。

2016年に、ITホールディングスがTISを吸収合併し、社名をTIS株式会社に変更しました。

TISの事業内容

TISは、幅広い業界・分野でトータルSIerとして、インフラとなる基幹システムやシステム運用のプラットフォームを提供しています。事業内容は「ITインフラストラクチャーサービス」「金融ITサービス」「産業ITサービス」「その他」の4つに分けられます。

ITインフラストラクチャーサービス

データセンターなどの大型IT設備を駆使して、自社管理によるコンピュータユーティリティ、運用サービスを提供しています。

金融ITサービス

金融業界のビジネスノウハウとITをベースとして、業務のIT化や運営を支援しています。

産業ITサービス

金融業界以外の全ての業界のビジネスノウハウとITをベースとして、業務のIT化及び、ITによる業務運営を行っています。

その他

不動産賃貸・管理事業などを行っています。

TISの株主

有価証券報告書-第10期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)大株主の状況

氏名または名称 所有株式数
(株)
発行済株式の総数に対する所有株式数の割合
(%)
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 11,634,000 13.58%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 5,621,000 6.56%
いちごトラスト・ピィーティー・リミテッド 5,204,000 6.07%
TISインテックグループ従業員持株会 2,325,000 2.71%
日本生命保険相互会社 2,073,000 2.42%
MAOQUARIE BANK LIMITED-MBL LONDON BRANCH 1,720,000 2.01%
株式会社三菱東京UFJ銀行 1,654,000 1.93%
MSIP CLIENT SECURITIES 1,502,000 1.75%
資産管理サービス信託銀行株式会社 1,223,000 1.43%
みずほ証券株式会社 1,211,000 1.41%
34,171,000 39.88%

上記のほかに、自己株式2,096,000株を保有しています。この自己株式の発行済み株式総数に対する所有株式数の割合は2.39%です。

転職活動には情報が命!おすすめの転職エージェントと転職サイト

▶業界最大手!【リクルートエージェント】

▶外資・ハイクラス求人は【JACリクルートメント

▶従業員の口コミなら!【転職会議】

TISが今後注力する領域、展開事業は?

TISは今後、中期経営計画に基づいてグループビジョン2026の達成に向けた土台構築のため、構造転換を行っていくようです。主要となるセグメントは、サービスIT・BPO・金融IT・産業ITの4つを挙げています。

  • サービスIT:成長分野への経営資源の重点配分と、先端技術活用による事業拡大や、決済ビジネスにおける先行投資型サービス事業を行うようです。
  • BPO:業務知識と先端技術の活用を組み合わせたBPO高度化による事業拡大や収益性の向上を目指していきます。
  • 金融IT:カード、銀行、保険の幅広い顧客とのパートナーシップ強化や新規事業のに注力する方針です。
  • 産業IT:産業・公共分野の幅広い顧客とのパートナーシップの強化、事業創出を支援していくようです。

今はスキルを磨きたいあなたには

▶10日間無料体験!経営知識を体系的に学べる【グロービス学び放題】

▶TOEIC対策の神アプリ!7日間無料体験【スタディサプリ ENGLISH】

TISの従業員数、平均年収、平均年齢は?

従業員数

TISの従業員数

従業員数
(人)
2018 5,299
2017 5,359
2016 37

連結会社の従業員数

従業員数
(人)
2018 19,877
2017 19,843
2016 19,393

TISの従業員数は、前年と比較し、2017年は5,322人増加しています。これは主に、完全子会社であるTIS株式会社を吸収合併し、事業持株会社体制へ移行したことによるものです。

平均年収

平均年収
(万円)
2018 668
2017 653
2016 787

平均年収は、前年と比較し、2017年は約134万円減少、2018年は約15万円増加しています。

平均年齢

平均年齢
(歳)
2018 39.1
2017 38.8
2016 46.3

平均年齢は、約41歳です。2017年は前年と比較し、7.5歳平均年齢が下がっています。これは主に吸収合併したTISの従業員の平均年齢が影響したと考えられます。

転職活動ではエージェントを活用しよう

転職活動には、転職エージェントの活用をおすすめしています。

その最大の理由は、転職エージェントしか保有していない求人があるからです。

大手の転職エージェントは豊富な求人を取り扱っています。中堅の領域に特化した転職エージェントは求人数は大手ほどではありませんが、専門領域での手厚いサポートが期待出来ます。

大手の転職エージェントには、転職支援実績N0.1の【リクルートエージェント】や、保有している求人の80%以上が非公開で相談時に自分にあった求人が見られる「DODA」、親身なサポートに定評のある「パソナキャリア」などがあります。

上記以外にも、外資系企業やハイクラスの人材に強い「JAC Recruitment」、既卒やフリーター、第2新卒に特化したなどの転職エージェント「ウズキャリ」があります。

転職を考えている場合、こうした転職エージェントに相談してみるのがよいでしょう。



転職サイトで求人や口コミの情報収集から始める方法も

まだ転職エージェントに相談するのはちょっと。。と気が引けるという方もいるのではないでしょうか。

そういった方は、転職サイトに登録して、求人を見たり、自分の経歴を登録しておくことをおすすめします。

サイト内に、適職診断や年収診断、社員の口コミなどのコンテンツもあるので、ひとまず気楽な気持ちで、試してみるのもいいでしょう。

おすすめの転職サイトは、実際に転職した人の約8割が利用している「リクナビNEXT」や、市場価値診断が出来る「MIIDAS(ミイダス)」、【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト(会員登録後48時間は口コミ見放題)などです。

今はスキルを磨きたい方には

今すぐではないけど、ゆくゆくは転職も一つの選択肢にあるという方は、現在の仕事で成果を出すことが最も重要です。

転職時に最も効果的なのは現職での成果の再現性を持っていることだからです。

とはいえ、自分自身の能力を高めておくことももちろん重要です。

ここではスキルを身につけるのにおすすめのサービスを紹介しています。

ビジネススキル全般を鍛えたい方には

ビジネススキルを向上させたい方には、月々ビジネス書1冊程度の価格で、経営知識を体系的に学べる【グロービス学び放題】がおすすめです。

高品質な動画でビジネススキルの学習がいつでもどこでも可能です。

10日間は無料トライアルを実施中なので、ひとまず登録して、動画をみてみたいという方にもおすすめです。



英語を鍛える目安はまずはTOEIC

今後の転職市場においてキャリアアップする上で重要になるのが英語力です。

英語力の目安として最も利用されるのはTOEIC(R)です。

TOEICが出来てもビジネスで英語が使えない人もいるという意見もあり事実ではあるのでしょうが、ビジネスレベルで英語が使える方は、ほとんどの方が一定以上のTOEICのスコアレベルの英語力を持っています。

TOEICは英語が出来るかを判断するというよりも、最低限のレベルを持っているか判断される指標といっていいでしょう。

その対策におすすめなのがリクルートが提供する 「スタディサプリ ENGLISH」です。

  • 中学レベルからハイスコアまで幅広く対応
  • 本番に近い形式の「実戦問題集」は、PART1~PART7全てに対応して、毎月200問追加されます(問題集よりお得)
  • 全ての機能が7日間無料で試せる

本気でスコアアップを目指したいが、1人では学習が継続出来ない、短期間で成果を出したいという方には、パーソナルコーチが伴走する「スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン」もあります。日々のチャットや定期的な音声通話で学習をサポートします。



英語のアウトプットを鍛えるおすすめのサービスは

リスニングやリーディングのインプットだけではなく、英語のアウトプットの機会がほしい方におすすめなのが、オンライン英会話です。従来の英会話スクールよりも安価に、回数多くレッスンを受けることが出来ます。

国内シェアトップの「レアジョブ英会話」、 米英系メインの講師が在籍している「シリコンバレー発!オンライン英会話「vipabc」」、ビジネス英会話に特化した「Bizmates(ビズメイツ)」などでまずは無料体験レッスンを受講し、気に入ったものを継続するのがよいでしょう。

また、英語を話そうとするときに言葉が出てこず、実際の仕事で英語がなかなか使えない。。という方には文章と音声でアウトプットを毎日続けられ、テキストと音声がデータとして残るので復習しやすい【 HiNative Trek 】もおすすめです。



ITスキル・プログラミングを学習したい方には

これからのビジネスにはITに関する知識・スキルも必須です。

TechAcademy [テックアカデミー]」は自宅にいながらオンラインでITスキル(プログラミングやWebデザイン)を磨けるサービスです。
プログラミングだけではなく、Webディレクション、Webマーケティング、ブロックチェーンコースなどもあり、ITやWebに関連するスキルを磨きたい方にはおすすめのサービスです。

オンライン完結で自宅にいながら勉強でき、受講生に1名ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつき、学習をサポートします。



関連キーワード

関連記事